採用情報

代表者からのメッセージ

  • カーディーラーの評価は〝人〟で決まる
  • 旭川トヨペット株式会社
    代表取締役社長
    松尾 俊彦
はじめまして、旭川トヨペット代表取締役社長の松尾俊彦です。

私が自動車業界に入ったのは1968年、丁度モータリゼーションといわれる自動車普及期に入った頃のことです。“目的地に早く着ける”、“運転して楽しい”、“沢山の荷物を運べる”といった自動車の魅力を持って、「お客様にもっと幸せになってもらいたい」という思いで車を一人ひとりのお客様に提供してまいりました。そこから約50年、一時は公害への影響や交通事故が自動車業界に対して問題視されることもありましたが、現代の自動車は環境性能や安全性も高く、よりお客様を幸せにできる乗り物になりました。「お客様にもっと幸せになってもらいたい」という思いと自信は、若かりし頃よりもさらに強くなりました。当社はこの思いに共感してくれるスタッフの力を必要としています。
さて近年、少子化や自動車の耐久性向上などを背景に、国内自動車販売台数は減少する傾向にあります。業界の将来性に対して少なからず不安を感じている学生の方もいらっしゃるでしょう。しかしながら、私たちが生活する北海道、道北地域において、自動車は私生活にも仕事にも不可欠な必需品であり、その需要が無くなることは決してありません。それどころか、お客様のニーズに合わせた最適なご提案をして差し上げれば、「まだまだ成長の余地は大きい」と私は確信しています。
カーディーラーの評価は〝人〟で決まります。同じ自動車を扱う企業は他にも沢山あるからです。もちろん、この地域で当社しか扱っていない車種やサービスもありますが、お客様の評価は、働く人の意識一つで大きく変わるでしょう。
 求める人材像は精神力のある人。今は知識や技術が無くても問題ありません。当社のスタッフは、お客様と同様に大切な会社の財産です。そんな彼ら、彼女らの成長を旭川トヨペットは全力で支援しようと、近年、特に教育制度の充実を図って参りました。強い精神力のある人は必ず自分を高めることが出来るはずです。
最後になりましたが、旭川トヨペットは2016年7月に創立60周年を迎えることが出来ました。我々は永きにわたり先輩達が受け継いできてくれたお客様というかけがえの無い財産を次の世代に引き継いでいくとともに、道北エリアでご商売をさせていただいてきたディーラーとして地域に恩返ししていかなければなりません。次代を担ってくれる若者と共に働けることを楽しみにしています。
  1. 代表者からのメッセージ